天気の子を観た感想

日記

映画天気の子を見てヒロインのひなさんを早速描いてみました!

今回はその映画天気の子についてお話しします。




スポンサーリンク

晴れの子というビジネス

ヒロインの天野陽菜は中学生で弟と二人暮らし。

年齢を偽ってアルバイトをしていました。

天気を操ることができる天気の巫女に選ばれてしまった陽奈は、主人公の森嶋帆高と一緒に長く雨が降り続いていた東京の天気を晴れにする”晴れの子”ビジネスを開始します。

ぼくはここのシーンが結構好き。

自分が春から独立してビジネスをしている身なので、こーやってビジネスを始められるのか。
と真面目な感じで映画を見てしまいました(笑)

携帯1つでビジネスを始めていますが、現実社会でもそうやってビジネスを始めている人もいます!

ちなみに天気を操れるビジネスを5,000円で映画ではやっていますが、規模によっては莫大な報酬をもらえますよね。

実際に映画でも花火大会を晴れにするシーンがありましが、いくらだったんだろう(確かその報酬の描写はない)

東京に3年間雨が振り続ける

話の後半で陽菜は自分の命を引き換えに東京の豪雨を止めます。

しかし、主人公の森嶋帆高は彼岸に行き陽奈を取り戻し、また東京に長い雨が訪れてしまいます。

3年間東京は雨が降り続き、雨によって沈んでしまった場所も。

すごい小説ならではの展開だなと思いました。

 

にしても、3年間毎日雨ってやばくない!?

絶対精神疾患の人増える!って思いました(笑)

朝起きた時に晴れてるだけで1日がなんとなく明るく過ごせそうな気がしますよね?

実際日光を浴びることによってセロトニンが分泌されて…なんて化学的にも晴れの日の大事さは証明されてたり。

もし3年間1日も晴れの日がなく雨が続いた時の社会をシミュレーションして欲しいなと思いました!(笑)

Googleで「3年間 雨」と検索すると、天気の子、健婚式、気象庁って出てくるの面白い。



陽菜さんは料理ができる!

ここからはめちゃくちゃしょーもないお話です。

君の名は同様、天気の子にもちょっとエッチなシーンがあるんですよね。

女子大生の夏美さんがちょっとはだけて寝ているところに帆高が遭遇したり、子供三人でラブホに泊まったり。(しかも一泊2万8千円の高級ホテル)

 

この映画を男友達と観に行ったんですが、帰りの車の中で一番盛り上がったのはどこが一番エロかった?という内容でした。

 

なんと!陽菜さんが料理してるシーンで意見が一致!

普段女の子の話をしてもタイプの子が被らないのに!

家に行ってエプロンして台所で料理してるあの姿はエロいよね〜と意見が一致しました。

部屋でネギを栽培しているあの家庭的なとこもいい。

というくだらない報告でした。

共感してくれる人いるかな?(笑)

個人的には君の名は派

ぼく個人の意見としては「君の名は」派。

「君の名は」の方が主人公とヒロインの好きっていう気持ちがストレートに表現されてるし、映画の中の音が心に響きました。

新海誠ワールドに関するブログやYouTubeがたくさんあるので興味のある方は色々調べてみると面白いかも。

小説を読んでから映画をみるとまた違うという意見もあります。

ぼくの別の友達はもう4回観たそうです(笑)

次回はあと10日のpolcaについてお話しようと思います。
ではまた!




 

 

 

 

 

 

日記
スポンサーリンク
こみブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました