ADHDのお薬

ADHD

ADHDの人が飲んでいるコンサータやストラテラ。

今回はそんなADHDのお薬についてお話ししようと思います。




スポンサーリンク

ADHDのお薬

ADHDのお薬は主にストラテラとコンサータの2つです。

ぼくはこの2つとも服用したことがあるので、その効果と副作用について今日はお話しします。

先に言っておきますが、あくまでもぼく個人の感想です。効果も副作用も人によって違いますので、あらかじめご了承ください。

コンサータ

特徴

ぼくが1番最初に処方してもらったお薬です。

コンサータはストラテラと比べて即効性があるのが特徴で、毎日飲み続けるというより、集中したい日の朝に飲みます。

コンサータの効果はなんと言っても集中力がめっちゃ続きます!

ぼくの場合は卒論を書き上げるために、ストラテラではなく即効性のあるコンサータを服用しました。

値段もストラテラよりちょっとだけ高いです(^^;;

いつもは作業しながら別のことを考えたり、先延ばしにしたりしてしまうのに、コンサータ服用時はそれがなくなります!

後は昼間眠くなったりしないですね。なので、午前中に飲まないと夜眠れなくなっちゃいます。

コンサータの量は18mg27mg36mgがあり、その数でで量を調整します。最大で72mgまでが服用可能です。

一般的には36g54gが多いらしく、ぼくは1番多いときは54gまで服用しました。

副作用

副作用についてですが、ぼくはあまりこのコンサータの副作用は感じませんでした。

何点か挙げるとするなら

・口の中がいつも渇く
・効果が切れた途端集中力が続かなくなる

2点ですかね。

めまいや吐き気などの副作用が出る人もいるそうですが、ぼくはありませんでした。

注意しなきゃいけないこと

コンサータに関して気をつけなければいけないのが、特定の医師と薬局しか処方できないことです。

ぼくはこのコンサータを処方できるできない問題でトラブルがあしました。この話については次回お話ししようと思います。

もし精神科を受診しようと考えている人がいるなら、受診する前にコンサータを処方できるかどうか、電話して確認した方がいいです。




ストラテラ

特徴

ストラテラはコンサータよりも効き目が出てくるのが遅いのが特徴です。

安定して効き目が出てくるのは3ヶ月くらいかかるかもしれないとぼくは先生に言われました。

また、コンサータと違い、ストラテラは効き目が出始めなくても毎日服用しないといけません。

そもそもADHDの人は毎日薬を飲むというこの作業を遂行するのが大変ですね(^^;;(笑)

マイナスなことばかり述べてしまいましたが、プラス面で言うと、ストラテラの方が値段が少し安く、ジェネリックの物も出ています。

また、ストラテラはコンサータと違い、処方に特別な許可が必要ないのです。

なので、初めて受診した病院がコンサータを扱っていない場合、ストラテラになりますね。

 

基本的にストラテラは40mgから始まります。最大で120mg まで服用可能です。

 

ぼくは1ヶ月間40mg を毎晩服用していました。

副作用

ぼくは副作用が原因でストラテラの服用をやめました。

ぼくの場合一番ひどかったのは、眠りが浅くなり夜中に何度も起きてしまうことでした。

そのほかにも寝起きが悪く頭がぼーっとしたり、コンサータ同様口の渇きがあったりしました。

これだけ副作用はあるのに、効き目は全く感じません。

効果が出るまで時間はかかると言われていましたが、副作用に耐えられなくて服用をやめてしまいました。

ちなみに、医師にも相談しましたし、服用をやめてからはちゃんと夜眠れています(^^)

まとめ

今回お薬についていろいろお話しましたが、実はぼくは今両方とも服用していません。

コンサータを飲んでいる時の方が集中力はあると思いますが、なくても生活ができる程度の障害だということを、受け入れることができました。

実はこうやって話せるのも割と最近の話で、先月はまだ受け入れられてなかったです。

今までの人生で風邪薬などたくさん薬を飲んできましたが、こんなに副作用が顕著に現れるのは初めてで、自分の体で実験する感覚も少しありました(笑)

お薬のことで疑問があったら、精神科の先生や薬剤師に聞くのが一番だと思うので、今回のぼくのお話は一人の例だと思ってください(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回は途中に触れた病院のトラブルについてお話ししようと思います!

ではまた!




ADHD
スポンサーリンク
こみブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました