これだけはやってほしい!ブログ記事を読んでもらうためにする最低限3つのこと

日記

先日、クラウドワークスでライターの仕事をしている人と出会いました。

その人は企業の人に記事の書き方を教えてもらってからライターの仕事をスタートしたそうです。

「読まれない文章ほど意味ないものはないよね。」

今回はその人から教えてもらった記事の書き方をお話しします。



スポンサーリンク

キーワードの設定

まずやることは自分が書きたいことのキーワードを設定することです。

このキーワードで検索すれば自分の記事が引っかかる!
と考えるとなんとなく出てくると思います。

この記事で言うと
ブログ 記事 読まれない 読まれるために
など。

ここはなんとなくでいいですが、気をつけるのはできるだけ短く!

余計な言葉を付けずに、実際にキーワードで検索してみましょう。

次の章で詳しくお伝えします。

ユーザーニーズの分析

検索する人が求めているのは、欲しい情報を得る事です。

欲しい情報の内容を書けばもしかしかしたら読んでくれる人がいるかもしれません。

実際にYahoo!知恵袋やGoogleで検索して「どんな風に調べられていて何が知りたいのか」をまずは把握します。

想定していた通りのキーワードで書きたい記事が出てくるかもしれないし、想定外の内容の記事が見つかるかもしれません。

この時のポイントは5ページは見ることです。

何か検索した時、2ページくらいスクロールしても知りたい内容が出てこなかったら検索のキーワード変えちゃいますよね。

 

Yahoo!知恵袋で「ブログ 読まれるために」と検索すると

・ブログが読まれるのはいつからですか?
・どんな投稿なら質問したいブログになりますか?
・ブログで月5,000円稼ぐなら月に何人に読まれる必要がありますか?
・ブログの書き方がわかりません
・ブログを読まれたくないです
など。

Googleで「ブログ 読まれるために」と検索すると

・たった1記事で18万人に読まれる基礎テクニック
・読まれる記事を書く5つのコツ
・読まれるためにやったこと50
・たった10記事で64万人に読まれる記事構成
・読まれるブログの書き方
などが出てきます。

つまり知りたいのは
・読まれるための文章の構成
・何人読まれればお金が発生する
・読まれないためにすること

ブログを読まれたくない人もいることにびっくりました(笑)



具体的なターゲットの設定

オススメしてもらったのは、具体的なターゲットを設定すること

この時気をつけるのがターゲットは2つ作ることです。

今回の「ブログ 読んでもらうために」で言うと

ままブロガー(20代後半~30代後半)
妊娠中外で仕事ができない時間や、子どもが生まれてから子育ての悩みなどを共感して欲しくブログを開始。理想はそのブログでお小遣い稼ぎをしたい。

・大学生ブロガー(10代後半~20代前半)
アルバイト意外にも稼ぎたい大学生。社会人になってからも会社の収入+αを作りたくブログを開始。

 

このように具体的なターゲットを設定し彼らが求めている情報を載せることで読んでもらえるような価値ある記事になります。

ちなみにぼくの場合はtwitterの投稿からブログに飛んでくれる人が多いので、この内容なら役に立つだろうと推測しながら文章を書いてました。

検索までしていなかったので反省です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

書く前に10分だけでいいので
・キーワードを決める
・検索して分析する
・ターゲットを設定する

これができればそのターゲットに向かって記事を書くことができるのではないでしょうか?

この人の話を聞いてから記事を投稿するのに考えすぎるのと、年末で普段しないとこを掃除したりと時間がかかってしまいました。(言い訳です)

1番は投稿し続けることだと思うのでこれからどんどん投稿していきます!

最後に服が文章を書くときに参考している人を紹介です。

文章の書き方など発信しているゆりにこさんのnoteはとても勉強になります。

12月は毎日投稿していました!かっこいい!

これを読んでいる人は何かしら発信をしている人だと思います。

これからもたくさん投稿していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!




 

日記生き方
スポンサーリンク
こみブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました