霊媒探偵城塚翡翠  medium すべてが、伏線

読書

 

ここで我慢しても、いつかこの愛しさが、彼女を殺してしまうだろう。

 

スポンサーリンク

medium あらすじ

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒として死者の言葉を伝えることができる。しかしそこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かう。一方、巷では連続殺人鬼が人々を脅かしていた。証拠を残さない殺人鬼を追い詰められるのは、翡翠の力のみ。だが殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。

2020年 NO.1ミステリ!

【2020年本屋大賞ノミネート】「すべてが、伏線。」読者は挑発され、気持ちよく騙される!? 連続死体遺棄事件に挑む霊媒探偵と推理作家のどんでん返しミステリー | ダ・ヴィンチニュース
「すべてが、伏線。」 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(相沢沙呼/講談社)の初版帯には、黒い背景に金の箔押しでこう書かれている。タイトルに「探偵」と入る…

『2020年本屋大賞ノミネート』

『第20回本格ミステリ大賞受賞』

『このミステリーがすごい』 2020年版国内編 1位

『本格ミステリ・ベスト10』 2020年版国内ランキング 1位

『SRの会 ミステリベスト10 』 1位

『2019年ベストブック』

この作品は数々の賞を受賞しています。

読み終わった後、たくさんの賞を獲得していることに納得がいきました。

今までのミステリーの中でも、5本の指には入る傑作だとぼくは思っています。

ちょっとしたコメントがネタバレになりそうなので、あまり多くは語れませんが、言葉を選んでご紹介しようと思います。

すべてが、伏線。

この作品のキャッチコピーは「すべてが、伏線。」

この言葉よりも『medium』を表せる表現はないのかなと思うくらい、最高のキャッチコピーです。

霊媒師という特殊能力を持った城塚翡翠。

人のオーラや匂いを感じ取ることのできる能力を持っていますが、物的証拠を示すことが難しく、直接事件を解くことができないのです。

ロジカルな思考を推理作家の香月史郎が担当し、2人で事件を解決していくミステリー小説!

ここまでならよくありそうな物語ですよね。

「すべてが、伏線。」。

読み始めるときにはキャッチコピーを頭に入れて読むのに、読んでいると伏線という言葉はどこかに消えてしまいます。

最終話の感想

最終話の冒頭、翡翠ちゃんがピンチになるシーンが。

さらに、驚きの事実が発覚し、もうついていくのがやっとです。

しかし、それ超える真実が明らかになり、そこからがこの作品の本当の姿なのだと感じました。(抽象的すぎる内容ですみません。)

続きがあるならもっと翡翠ちゃんの物語を読んでみたい。そう思えるような作品です。

medium 感想

 

 

語彙力喪失です!!

 

 

真実が明らかになったあの瞬間があるから、ミステリはやめられないですね。

 

 

 

これしか感想を伝えることのできない作品です!!

 

 

 

この作品は表紙がまた可愛い!!この表紙じゃなかったら買ってなかったかもです。

 

 


この表紙デザインをした遠田さん。発売前のツイートですが、ほんとかっこいいですよね。

 

 

最後の乙女かよって言葉がぼくもすごく印象に残っています。
話の途中と最後の翡翠ちゃんを読んでからこの言葉を見ると、すごく感慨深いものがありますね〜。

まとめ

 

2021年7月7日に、『medium』の続編『invert』が発売され、各表紙の翡翠ちゃんが描かれた紙袋が特典でもらえます!

ぼくもこの紙袋のために発売日に購入しました!

本当に可愛いので、まだ入手していない人は特典がまだある書店を探してみてください!

ご感想や質問はこみーのTwitterのDMか質問箱にいただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!

読書
スポンサーリンク
こみブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました