三行で撃つ 抜き書き帳

読書

 

抜き書きをすると、自分が〈分かる〉。
抜き書きをすると、自分が〈変わる〉。

 

 

スポンサーリンク

三行で撃つ あらすじ

「朝日新聞」名物・名文記者の文章技巧25発を紹介。つかみ(冒頭)の三行、起承転結、常套句が害悪な理由、一人称、文体、リズム、といった技術を網羅するが、方法論にはとどまらない。なぜそうするのかを、自己や他者の心のありようにフォーカスしながら考える。

文章を書くすべての人へ

文章を書くことに対して何か漠然とした不安がある人は迷わずこの本を購入してください。

絶対にあなたの不安は解消されます。

なぜならぼくがそうだったからです。

この作品には「書き方」ではなく「生き方」について書かれています。

今までいかに自分が甘えて生きてきたか、痛感させられました。

この作品を読んで感じたこと、伝えたいことはたくさんありますが、一つだけお話します。

抜き書き帳

この作品の中で抜き書き帳という単語が出てきます。

所々省きますが抜き書き帳についてこのように書かれています。

 

本を読んで、いいまわし、語彙、文体、腑に落ちた論理、気に入ったナラティブはとにかく線を引きまくる。徹底的に汚す。

ここはとにかく重要だと思った箇所は、ページを折っていく。

読み終わった本は、しばらく放っておく。頭を冷やす。1ヶ月もしたあと、ページを折った場所だけ開き、線を引いた箇所を再読する。

成熟後も変わらず感動する文章やロジックは、ある。これを、抜き書きするのである。

 

さらに続きには「写メで撮ってはならない」と書かれています。

ぼくは今まで気に入った表現があると携帯で写真を撮っていたので、名指しで怒られているような気持ちになりました。

 

自分はこんなことに興味を持ち、こんなことに感動し、こんな問題意識を持って生きてきた人間で、そしてこのように生きていくべき人間である。それは、学ぶことによってしか、自分の生を生きることによってしか、立ち現れない。

抜き書きをすると、自分が〈分かる〉。
抜き書きをすると、自分が〈変わる〉。

 

筆写って正直めんどくさくて時間がかかる作業ですよね。

その時間があるなら新しい本を読みたいを思ってしまいます。

筆者もこの作業はめんどくさくて即効性はないと言っていました。

しかし、

3年もするとやっと効果が感じられる。

自分の中で出来事が繋がる。

そこから自分の言葉が生まれる。

未来に可能性を感じました。

この部分を読んですぐに小さなノートを買いに行きました。

本を読んだ後にブログを書くという作業は習慣化できはじめたので、一緒に抜き書き帳に書き写す作業を習慣化していこうと思います。

あなたもぼくと一緒に自分だけの抜き書き帳を作りませんか?

三行で撃つ 感想

 


刺さる言葉がとても多いです。グサグサ刺されます。

ここまで言い切っていいいものなのかと感じるくらい、グサグサ刺さる言葉もありました。

 


ほんとに勉強になります。

生き方の教科書のようにも感じました。

 


文章技術では一貫して「自分で考えることを放棄するな」というメッセージが伝わってきました。

 


文章論であり人生論。

まさにこの本を表す一言です。

まとめ

ぼくとフォロワーさんであるほまれさんのやりとりを、この作品の編集者さんが見てリプを送ってくださいました。

このように書き手と読み手が繋がることで、より一層、作品や書き手の想いが伝わるんじゃないかなと思いました。

ご感想や質問はこみーのTwitterのDMか質問箱にいただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!

 

読書
スポンサーリンク
こみブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました