sex 12の物語が収録されている石田衣良の官能小説 

読書

 

 

性には命の豊かさと、世のなかの決め事を超えるスリルがある

 

 

スポンサーリンク

sex あらすじ

好きな人とたくさん――。夜の街灯の下で。学校の図書館で。入院中の病室で。異国の地で。最後のデートで。まぶたの裏で、なにものかに祈りながら。性がゆたかに満ちるとき、生は燦然とかがやく。だからセックスは素晴らしい。頭と心と身体が感じる最高の到達点を瑞々しく描いた、すべての男女に贈る感動の十二編。(講談社文庫)

sex 石田衣良さんによる官能小説

『sex』は文字通り、「sex」がテーマの短編集です。

はじめて官能小説というものを紙媒体で読んだのですが、かなりエロくて興奮しました。

作中でも、「なんでみんな写真やビデオが好きなんだろう。文字のほうが断然いいのに」というセリフが出てきます。

いわゆる18禁のエロい表現がたくさんある官能小説ではなく、大人の恋愛の延長にあるエロさがとてもよかったです。

sex こんな人におすすめ

完全に勃たない人、女性に触れることができない人、外でするのが好きな人。

『sex』では12の物語があり、それぞれ性について悩んでいる人も多く存在しています。

性について悩んでいる人は刺さる作品なのではないかなと思いました。

ぼくのように、官能小説を読んだことのない人も読みやすい作品なのでおすすめです。

石田衣良さんの『娼年』は映画化されていて、松坂桃李さんが主役を演じたことから有名になりました。

映画は見たけど、石田衣良さんの文章を読んだことのない人はぜひ読んでみてください。

sex 心に刺さった言葉

泣きながら腰を振っているのは、他人がみたらさぞ滑稽な姿だろう。だが、人間というのはそういう生き物ではないだろうか。熱に浮かされ馬鹿げた台詞を口にし、滑稽で醜い格好で繋がり、ほんのわずかな液体を交換して、かけがえのない命を生み出していく。

 

性行為のことを冷静に考えるとこういう表現にもなるのかとインパクトがあった文章でした。

 

女の体はひとつの国だった。山があり、谷があり、森と泉があり、なだらかな岡と広い平野がある。いくら探っても飽きることはないし、すべてが丸いのに同じ曲率の丸みはひとつとしてない。探り切ることがかなわない王国なのだ。

 

女性のことをこんなふうに表すことができるなんて、語彙力というか想像力というか、ぼくにはできないなと感じました。

 

どれだけ偉いか知らないが、人間の男はみんな動物なんだぞ。どうして、発情している女が近くにいるのにわからないんだ。ちゃんといいにおいがするだろうが。そっちのほうが、よほど自然の摂理に反している。みんな足りない頭で難しいことばかり考えて、自分にペニスがあるってことを忘れてるんじゃないのか。

 

どうすればわかるようになるんだろう。

sex 感想

 

そうなんです。『sex』は何もバカになんてしていないんです。真剣な物語。だからこそすっと入ってくる。

 

 

美しくやらしいってすごい言葉ですよね。丸く尖るみたいな…違うかな…
あとがきほんとに素晴らしかったです。

 

 

 

身体だけではなく心がつながるって、伝わる人と伝わらない人がいるのかなと思います。いろんなことを経験したいですね。

まとめ

『sex』のあらすじがとても刺さりました。

セックスは気持ちいい。セックスはかわいい。セックスは愛おしい。セックスには感動があり、涙もある。セックスはあらゆる接続詞と無理なくつながり、豊かな物語を持つ。それは男女(同性の場合ももちろんあるけれど)を結びつけ、新たな命を生み出す神聖な力です。

日本の性教育について、ネットではいろいろ言われていますが、やはりちゃんと大人が子どもに対して教育をしないと、「セックス=なんとなくいやらしいこと」というイメージが消えないまま、大人になってしまうのかなと思います。

このような物語や作品を通して、しっかりとセックスについて学ぶ機会があればいいなと思いました。

石田衣良さんの文章、とても静かで大人の雰囲気がありました。

他の作品も読んでみようと思います。

ご感想や質問はこみーのTwitterのDMか質問箱にいただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!

読書
スポンサーリンク
こみブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました