パリ行ったことないの

読書

 

 

毎日のコーディネート写真を写真に撮ってブログにアップしたりもしているが、人気ランキングに入って書籍化の依頼が舞い込む……なんてこともなく、毎日を淡々と生きていた。

 

 

スポンサーリンク

パリ行ったことないの あらすじ

女性たちの憧れの街“パリ”。ずっとパリに行くことを夢見ていながら、臆病すぎて一度も海外に行ったことのなかったあゆこ。35歳になった彼女はある映画に惹かれ、ついに渡航の決意をかためる。年齢も境遇もさまざまな10人の女性たちが、パリへの想いを通して結び付き、やがて思わぬところで邂逅することに―。11の掌編が花束のように束ねられ、特別な旅へ導かれる、大人のおとぎ話。

パリに憧れる女性たち

この作品は2部構成です。

前半ではパリに憧れる10人の女性のストーリーが描かれていて、後半はパリに住む女性のお話です。

年齢が全く違うにも関わらず、みんなパリに憧れている。

女性視点からのストーリーに、男性のぼくにとって、とても新鮮な気持ちを体験できました。

ひとりひとりの物語は短編なので、ちょっとした隙間時間に読むことができる作品です。

雨ばっかり

10人の女性の物語のひとつで、ぼくが1番好きな「雨ばっかり」について少しだけ紹介。

29歳のかなえは日本でいちばん雨が降る町で喫茶店で働いている。

ドアベルのカランカランという音に振り返るとき、そこに王子様が立っているという妄想から卒業できない。

そんなところにひとりの綺麗な女性がお客さんとして来店。

物語の最後、かなえは生まれてはじめて、パリに行ってみたいかも、と思うのです。

簡単にあらすじっぽく書いてみました。

土曜日。ドアベルのカランカランという音とともに入ってきた若いカップルは、写真立てをしげしげ覗き、くすっと笑い合ってから、窓際のせきについた。今風のファッションに無遠慮な態度。若さってそれだけで人を傷つけるな、と思いながら、かなえはおしぼりをテーブルに置く。

この物語でぼくが一番好きなシーン。

ちょっとした日常の景色なのに、29歳という少し焦り始める年齢から若さに対する嫉妬が伝わってきて、読んだときに「人間味があって好き」って思いました。

若さってそれだけで傷つけるんですかね。

「雨ばっかり」おすすめです。

パリ行ったことないの 感想

 


読んだあと、パリに行ってみよっかなって、ちょっと思ってしまう作品です。

ぼくもパリ行ったことないです。

 


フランスのサラリーマン、5週間もお休みがあるってすごくないですか?5日間じゃないですよ?5週間。日本人は5週間も休みあったらどうにかなっちゃいそうですよね。ぼくはそんなに一気に休みはいらないから、週休3日で1日6時間労働くらいがいいです(笑)

 

この記事を書いてるとき、ぼく社会人3年目なんですけど、社会人めっちゃ悩みますよね。これからどうしていこうとか。女性視点で描かれている作品なので、女性でモヤモヤしている人は、読んでみると面白いかもしれません。

まとめ

この作品は、友達がきっかけでした。

絶対にぼくじゃ選ばない作品なので、こんな風に新しい作品に出会えてすごく嬉しい。

人から勧められる本って、スッと入ってくる作品と、途中で受け付けなくなっちゃう作品があるので、今回面白い作品でよかったです。

読み終えてからここが良かった、あそこのセリフが刺さったなど、感想を言い合えるのが本当に幸せ。

リアルでもTwitterでも読書の友達が増えたらいいなと思ってます。

ご感想や質問はこみーのTwitterのDMか質問箱にいただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!

読書
スポンサーリンク
こみブロ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました